京浜ブルーバルチック

試合結果 vs ディアブロス


123456R
ディアブロス0010001
京浜ブルーバルチック2000013
日時2017年08月19日()  08時30分 〜 10時30分
種別 246リーグ
球場横山公園
試合内容開幕以来、勝ち星が挙げられていない246リーグ。
今回の相手は5月の練習試合で大量点を奪われて負けたディアブロスだが、大会で得た勢いをそのままに勝利を狙う一戦となった。

先発マウンドに上がった林は、立ち上がり制球が定まらず、連続で四死球を与えてしまう。しかし、牽制死と盗塁死でピンチの芽を未然に摘み取り、何とか0に封じ込める。

するとその裏、伊藤が四球と盗塁でチャンスを作ると、武笠と東梅のタイムリーで2点を先制する!(2-0)

2回も先頭の山内がヒットで出塁。林がバントで送り、いい形を作るが、秋元の打球は当たりが良すぎてライトライナー。飛び出した山内が戻れず、ここで試合の流れが微妙な変化を見せ始める。

3回表、林は先頭打者にこの試合初めてのヒットを許し、盗塁と相手の好走塁で一死三塁とされる。ここでエラーが絡み1点差に迫られる。(2-1)

しかし、林は尻上がりに調子を上げ、5回を投げきると、6回は東梅が完璧なピッチングを披露!ディアブロスの強力打線を封じ込める。

何とか追加点を奪いたいバルチックは6回、坂田、伊藤が四死球で出塁しチャンスを作ると、ダブルスチールを敢行!これはディアブロスの落ち着いた対応で失敗に終わるも、武笠がヒットでつなぎ、一死一三塁のチャンスを作る!ここで、柳田がエンドランを敢行!伊藤の好走塁もあり、見事に成功させて待望の追加点をもぎ取った!(3-1)

試合はここで時間切れとなりゲームセット。
全員が持ち味を出し切って勝利した、見事な一戦となった!

頭出し再生時にスマホ、タブレットの場合は自動再生しないことがありますので、開始を押下してください。

打者成績 凡例
打順守備選手名123456刺殺補殺失策美技珍技
1坂田 素道一飛左飛四球sx   
2伊藤 敏博四球●s遊飛死球●s1  
3武笠 大輔左二①三ゴ中安   
4柳田 裕之投犠遊失投野①   
5東梅 誠明右安①三ゴ三振   
6井上 英也四球投ゴ遊ゴ   
7清田 勝行左飛三飛   
8山内 健生左安捕飛   
9林 幸弘捕犠四球   
10秋元 健作右直四球   
11福元 崇捕飛遊飛   
投手成績
投手名 投球回数



















林 幸弘5回0/3012124210000
東梅 誠明1回0/300300000000