京浜ブルーバルチック

試合結果 vs 湘南ドリームス


1234567R
湘南ドリームス12000003
京浜ブルーバルチック202010x5
日時2017年11月04日()  08時45分 〜 10時45分
種別 246リーグ
球場稲城中央公園
試合内容久し振りに天候の不安から解放され、爽やかな秋晴れに恵まれたなか、湘南ドリームスを迎えたリーグ戦が行われた。

先発マウンドに上がった井上は初回、二死二塁から甘く入ったボールをライトに運ばれ、1点を失う(0-1)。

しかし、バルチックはその裏、秋元のレフト線へのヒットと、柳田の四球などで二死二三塁とすると、武笠がセンターオーバーの2点タイムリーツーベースを放ち、すぐさま逆転に成功する(2-1)!

このまま主導権を渡さずにいたいところだったが、二回表には四球と内野安打でピンチを迎えると、一死二三塁からセンター前へ運ばれ、再度逆転を許してしまう(2-3)。

「今日は打ち合いだ!」と叫んで向かえた三回裏、新井の四球に大内のヒット、秋元の四球で無死満塁の大チャンスを作ると、二者連続の内野ゴロが相手のミスを誘い、再び逆転に成功する(4-3)。

秋元が見せたファウルフライ背面キャッチをきっかけに、三回以降、完全にペースをつかんだ井上が五回までドリームス打線を封じると、六回から山田がマウンドへ。

センターへ抜けようかと言う当たりを大内がダイレクトで捕球し、ダブルプレーに仕留めるビックプレーもありながら、山田も2イニングをしっかりと封じて勝利へと貢献した。

一方、打線も五回、秋元が四球と盗塁で一死二塁のチャンスを作ると、坂田のセカンドゴロで進塁し、その後暴投でホームを踏み、追加点を奪い、試合を決定付けた(3-5)。

序盤はシーソーゲームの様相を呈したが、エラーと暴投によって3点を奪ったことが、結果的に大きな勝因となった。

ただこれは、やるべきことをきちんとやって相手にプレッシャーを掛け続けた結果だと思う。

四球を選び、バントや進塁打をキッチリと決め、なにより最後まで攻める姿勢を忘れなかったことが、相手にプレッシャーを掛け、ミスを誘った。

勝敗を分けたのは、表面的には守備の差に見えるが、本質的には攻めると言う気持ちの差だった。そんな一戦だった。

頭出し再生時にスマホ、タブレットの場合は自動再生しないことがありますので、開始を押下してください。

打者成績 凡例
打順守備選手名123456刺殺補殺失策美技珍技
1大内 崇史左飛右安●s投バk   
2秋元 健作左安●s四球●四球●s   
3坂田 素道二ゴ投ゴ二ゴ   
4柳田 裕之四球●s遊失四球   
5武笠 大輔中二②三失遊ゴ   
6深澤 哲也投飛三飛中飛   
7清田 勝行二ゴ二直三ゴ   
8井上 英也三内sk三振   
9山田 一真右飛三振   
10新井 俊弘四球s三振   
投手成績
投手名 投球回数



















井上 英也5回0/3332011030000
山田 一真2回0/300801020000