京浜ブルーバルチック

試合結果 vs オールスターズ


1234567R
オールスターズ00000202
京浜ブルーバルチック401111x8
日時2017年11月18日()  14時00分 〜 16時00分
種別 練習試合
球場三ツ池公園
試合内容参加人数もギリギリまで固まらず、助っ人に大内、牛田、伊奈の3名を加えて何とか実施にこぎつけたオールスターズとの練習試合。

先発の井上は、初回先頭打者にヒットを浴びるも、レフト牛田のファインプレーで無失点に切り抜ける。
するとその裏、四球に盗塁とバントを絡めて一死三塁とすると、暴投で1点を先制(1-0)する。

さらに、四球と盗塁に坂田のヒットで一死二三塁と攻め立てると、牛田の当たりがレフトのエラーを誘い、二者が生還(3-0)。
ここから三盗と暴投で4点目を加え(4-0)、タイムリー無しながらソツのない攻撃で主導権を握る!

井上は2回、3回とテンポよく打たせて取るピッチングを見せる中、バックもダブルプレーを完成させるなど、リズムの良い守備で反撃を許さず。

攻撃は3回に伊奈がライトフェンスをライナーで超えるホームランを放つと(5-0)、4回には牛田の犠牲フライ(6-0)、5回には新井がツーベースで作ったチャンスで大内が犠牲フライを放ち(7-0)、中盤以降も小刻みに加点。守りも4回からマウンドに上った伊奈が2回を無失点に抑え、試合を優位に進めた。

6回からは新井がマウンドへ。先頭にレフトオーバーのツーベスを浴びると、その後四球を重ねて一死満塁のピンチを招くと、押し出し四球と内野ゴロの間に2点を失う(7-2)。

点差がありながらも、少し嫌なムードが漂ったところだったが、その裏、牛田がレフトフェンスを大きく超える滞空時間の長いホームランを放ち(8-2)、完全に勝負を決定づけた。

攻撃面で助っ人の活躍が目立つ一戦であったが、やはり守備にミスが出なかったことと、5イニングで四球を1つしか出さなかったことが大きい。
無駄なランナーを出さずにいれば、自ずと攻撃のリズムにもつながり、勝利に近づくと思える一戦であった。

頭出し再生時にスマホ、タブレットの場合は自動再生しないことがありますので、開始を押下してください。

打者成績 凡例
打順守備選手名123456刺殺補殺失策美技珍技
1大内 崇史四球●s左安三内中犠①   
2山内 健生投犠一犠三ゴ一直   
3伊藤 敏博四球●s三ゴs右失●s中飛   
4坂田 素道左安●四球捕犠三飛2  
5牛田 順二左失●s三ゴ中犠①左本①●   
6伊奈 貴之三振右本①●一内一ゴ   
7井上 英也四球s遊ゴ三振   
8新井 俊弘三振投ゴ左二●   
9林 幸弘二失三失四球   
投手成績
投手名 投球回数



















井上 英也3回0/3001010010000
伊奈 貴之2回0/300931020000 
新井 俊弘2回0/3221204020010