京浜ブルーバルチック

試合結果 vs ディアブロス


12345R
京浜ブルーバルチック000202
ディアブロス004206
日時2017年12月09日()  08時30分 〜 10時30分
種別 246リーグ
球場横山公園
試合内容ディアブロスを相手に迎えた246リーグ最終戦。

先発の東梅が素晴らしい立ち上がりを見せ、1回・2回とディアブロス打線を封じ込める。

打線は2回、連続四死球で無死一二塁のチャンスを作るも、バントの構えからボール球を見逃したところで、飛び出した二塁ランナーが刺されてしまい、チャンスを活かせず嫌なムードが漂う。

果たして3回、悪い予感が的中してしまい、先頭打者にヒットを浴びると、続く打者にはライトオーバーのスリーベースを浴びて先制を許してしまう(0-1)。続くセンターへのフライを落球してしまい、2点目を失うと(0-2)、ヒットと四球で無死満塁と追い詰められる。ここでセンターへ2点タイムリーを浴び(0-4)、ディアブロスに大きく流れを持っていかれてしまった。

続く4回もあっさりと二死を奪われてしまうが、この劣勢に「闘将」が奮起!
柳田が気迫の死球で出塁し、執念を見せると、武笠も四球で続き二死一二塁とチャンスを作る。
ここで東梅の当たりがサードのエラーを誘い、柳田が激走!一気にホームを陥れ、1点を返す!(1-4)
さらに続く林がセンターへ見事なあたりを放ち、武笠を迎え入れる!(2-4)
惜しくも東梅はアウトとなってしまったが、即座に点を返し、意地を見せた。

4回からマウンドに上った山田は2点を失うもの(2-6)の、2回で4つの三振を奪う力投を見せ、打線も5回に井上・山内のヒットでチャンスを作るも得点を上げることはできず。リーグ最終戦は黒星で幕を閉じた。

リーグのレベルも上がり、細かいプレーができないと勝てなくなりつつある。
この冬で、精度を上げて来年に備えたい!!

頭出し再生時にスマホ、タブレットの場合は自動再生しないことがありますので、開始を押下してください。

打者成績 凡例
打順守備選手名12345刺殺補殺失策美技珍技
1坂田 素道遊ゴ二ゴ三飛1  
2秋元 健作二ゴ左飛   
3牛田 順二四球二飛   
4柳田 裕之投ゴ死球●   
5武笠 大輔三振四球●   
6東梅 誠明三振三失   
7林 幸弘二失中安①   
8井上 英也三ゴ左安   
9山田 一真死球sk捕飛   
10清田 勝行四球投ゴ   
11山内 健生三振左安   
投手成績
投手名 投球回数



















東梅 誠明3回0/3341831160000
山田 一真2回0/3221042020000