試合結果 vs スパークス
≪前の試合 次の試合≫


123456R
スパークス0030003
大阪ダイナマイツ0120014
日時2018年06月16日()  15時00分 〜 17時00分
種別 金澤選手のサヨナラタイムリー・堤投手も完投! おっさんパワーで見事勝利!
球場住吉公園野球場
試合内容リーグ戦3戦目のスパークス戦。
リーグ戦はこの日まで1勝1敗の五分。勝って勝ち越しておきたいところです。

先発は堤投手。初回は3者凡退で良い立ち上がりを見せます。
ダイナマイツは1回裏、尾形選手のレフト線2塁打・角北選手のレフトへのポテン2塁打と2塁打が2本
続きましたが、得点には至らず、いやな雰囲気で終了しましたが、2回裏には鈴木選手の四球とお決まり
の盗塁後、久々に参加の岡崎選手のショート内野安打の間に一気に生還し、1点を先制します。

しかし、リードしたのも束の間。3回表に先頭打者をエラーで出塁させると、続く打者に内野安打を許し、
その後にレフトオーバーのタイムリーを打たれ、逆転を許します。更に四球を与え1・2塁となった後、
続く打者を注文通りのショートゴロで6→4→3のダブルプレーに打ち取りますが、その間に1点を追加さ
れてしまいます。

2点ビハインドになりましたが、直ぐに続く3回裏に角北選手の四球・盗塁・ワイルドピッチによる進塁、
岡本選手の四球・盗塁で2・3塁のチャンスを作り、鈴木選手が見事ライトオーバーの2塁打を放ち、
2者が生還。同点に追いつきます。

この後は両チームともチャンスらしいチャンスも無く試合は続きます。ちなみに、ダイナマイツは4回表
にも6→4→3でこの日2つ目のダブルプレーを奪います。(ショート:岡本選手・セカンド:寺嶋選手)

そしていよいよ試合時間の関係で最終回となった6回表を堤選手が無失点に抑え、サヨナラに向かって一気
に機運が高まります。

先頭打者は渡邊選手。最近少々打撃に悩んでいましたが、見事ライトオーバーの2塁打で出塁し、更に相手
のパスボールで3塁まで進塁します。続いて相手投手の微妙なワイルドピッチが出ましたが、渡邊選手はベ
ンチからのGO!・STOP!の2つの指示にも惑わされず自重して後続打者の打撃に期待します。
続く伊藤選手も四球・盗塁で2・3塁となり、美味しい美味しいお膳立てが出来た後、バッターは今シーズ
ン好調の金澤選手。チーム全体が注目する中、金澤選手のバットから放たれた打球は三遊間を抜け、レフト
前への見事なサヨナラタイムリーヒット!! 4×-3で勝利しました。

ちなみに、金澤選手はダイナマイツ入団以来、自身初めてのサヨナラ打だったそうです。
ナイスバッティング!!  

また、堤投手も見事完投勝利で、今シーズン1勝目を挙げました!!
(堤投手をグイグイ引っ張り、再三のワンバウンド投球もがっちり止め、一球も後ろに逸らさなかった
 西川捕手の貢献も絶大でした)

緊張感のある良い試合でした。

打者成績 凡例
打順守備選手名123456








1K.Terashima 三振三振
1K.Watanabe 三振右二●
2S.Ogata 左二x三ゴ
2Y.Itoh 左安四球s
3T.Kadokita 左二四球●s
3H.Kanazawa 左直左安①
4K.Ura 投飛二飛
4S.Yabuta 遊飛
5S.Okamoto 投飛四球●s遊内s1
6Y.Suzuki 四球●s右二②投飛
7S.Okazaki 遊内死球二失
7T.Ogino
8H.Nishikawa 投ゴ遊飛投飛
9Y.Tsutsumi 左安四球二ゴ
投手成績
投手名 投球回数



















Y.Tsutsumi 6回0/3032533130000