試合結果 vs 大商大スピリッツ
≪前の試合 次の試合≫


12345R
大阪ダイナマイツ230308
大商大スピリッツ003003
日時2018年07月14日()  11時10分 〜 13時00分
種別 岡本選手初登板初勝利! 相手若手打線に打ち勝ち快勝!
球場真田山公園野球場
試合内容今年一番の暑さかと思われる試合前で何と37℃!! グランドに三々五々集まったメンバーが最初に
発する言葉が、「暑いですね~」で一致。急いで木陰に入りますが、グランドを見ればどこにも陰が
ありません。何でこんな暑いのに野球するの?? 野球が好きだからですv(^ ^)

この日の対戦相手は、大商大スピリッツさん。現役大学生で作ったチームのようです。鈴木選手や岡本
選手がいっぱいいるようです。

このような猛暑の中、ダイナマイツの先攻で試合開始。
相手投手は速球派ですが、コントロールに少し難がありそうで、じっくり攻めていきましょう。
1回表、尾形選手・金澤選手が内野ゴロで簡単に打取られてしまいますが、薮田選手のショートゴロが
相手のエラーを誘ったところから打線が繋がります。続く角北選手の四球・植田選手のキャッチャー
打撃妨害で2アウト満塁のチャンス。ここで、浦選手・鈴木選手の連続押出しで2点を先取します。
2回表にも、先頭の渡邊選手・伊藤選手・岡本選手の連続四球でノーアウト満塁のチャンスを迎えると、
金澤選手のサードゴロの間に1点を追加します。2塁・1塁ランナーもそれぞれ進塁し、1アウト2・
3塁のチャンスが続き、このような場面で無類の強さを発揮する薮田選手のライト前タイムリーで3塁
・2塁走者が生還し、さらに2点を追加し効率よく得点を重ねます。

この日の先発は、初先発の岡本選手。マウンドで投げる姿は初めて見ますが、バランスの取れた良い
投げ方で、伊藤選手に匹敵するほど速い球を投げたので驚きました。それだけではなく、スライダー?も
切れ切れで鬼に金棒という印象でした。 思わずメンバーからも驚きの声が挙がっていました。
相手チームの野球経験者の集まりからいきなり4連続三振を奪います。2回には初ヒットを許しますが、
落ちついて後続を抑え、2回を終わって1安打5三振1ピッチャーゴロという野手が必要なの?という
ピッチングを披露します。
流石に3回になると、久々のピッチングで疲れたのかヒット・エラー・四球で1アウト満塁のピンチを
迎え、続く打者に四球を与え押出しの初失点を献上すると、さらにレフト前2点タイムリーを打たれ、
2点を追加されてしまいます。しかし、後続を抑え初登板を終えました。 
ナイスピッチング!! お疲れ様~。

(成績)3回・打者15人・被安打3・四球2・三振6・失点3・自責点0
    ※内野ゴロ2でピッチャーゴロ1、エラー1のため、内野手は殆ボール回しだけでした。

岡本選手の頑張りに報い、ダイナマイツも4回に伊藤選手のショートへの内野安打・2盗塁でチャンスを
迎えると、尾形選手のセンター前タイムリーで1点を追加します。更に、金澤選手の四球・薮田選手の内
野安打でまたまた1アウト満塁のチャンスを迎えると、植田選手のファーストへの内野安打と浦選手の押
出し四球で2点を追加し、計3点をプレゼントしました。

4回からは2番手の渡邊選手が登板。こちらもピッチャーでの先輩の意地か強力打線に対し、2回を無難
に抑えます。

(成績)2回・打者7人・被安打0・死球1・三振3・失点0・自責点0

岡本選手は、初登板初勝利。渡邊選手は、セーブを挙げました。
ダイナマイツの左右若手2投手と打線の繋がりで、試合前の予想に反し、8-3での快勝でした。

皆さん、暑い中お疲れ様でした~。

打者成績 凡例
打順守備選手名12345








1S.Ogata 遊ゴ三振中安①●
2H.Kanazawa 一ゴ三ゴ①四球●
3S.Yabuta 遊失●右安②遊内
4T.Kadokita 四球●遊内右飛1
5H.Ueda 打妨三振一内①
6K.Ura 四球①三振四球①
7Y.Suzuki 四球①死球s三振
8T.Ogino 三振三振一ゴ
9K.Watanabe 四球●s三振四球
10Y.Itoh 四球●遊内●ss三ゴ
11S.Okamoto 四球●一飛二飛
投手成績
投手名 投球回数



















S.Okamoto 3回0/3031562030000
K.Watanabe 2回0/300730100000