規約


Nanasea チーム規約
第1条 名称
軟式草野球チーム Nanasea(ナナシー)と称する。
第2条 目的
・年齢・性別・職種・野球経験を問わず、多くの仲間と思い切り野球を楽しむこと。
・野球を通じてマナーや組織の一員としての自覚を持ち、人間的に大きくなること。
・ミスを恐れず失敗を糧に成長する、向上心を持つこと。
第3条 活動日
基本、毎週土曜日を活動日とする。
また活動期間は1月中旬〜12月中旬とする。
第4条 活動場所
3〜12月は基本、府中郷土の森をホームとして活動する。
1〜2月は郷土の森が貸し出していない為、調布や23区内へビジターで試合を申し込み活動する。
第5条 活動内容
基本、試合を行う。対戦相手が見つからない場合は練習とする。
また試合は、練習試合とFUNリーグ(主催)に分類される。
第6条 年会費・参加費
年会費はチーム財政によって監督・会計が決定する(昨季実績は無料)。
参加費は1試合500円とする(学生は半額)。
第7条 メンバーの区分
メンバーは下記の通り区分される。

・正規メンバー…正式な所属メンバー(無印)
・休部中…諸事情により長期不参加の所属メンバー(無印)
・サブメンバー…定期的に助っ人に来ていただく方(☆)
・旧メンバー…過去にチームに所属していた方(★)
・助っ人…参加者が足りない時などにお願いして来ていただく方(※)
第8条 メンバールール
・出欠入力は活動日の1週間前までに入力する。
 予定がわからない場合は、未定で入力し確定日や見込をコメントする。
・集合時間は30分前(ビジターの場合は1時間前)。
・対戦相手や味方を不快にするような野次や行動は行わない。
・グラウンド用具の運搬や試合中の球拾い、グラウンド整備など積極的に行う。
第9条 規定回数
規定回数は下記の通りとする。

・規定打席 =試合数×1.5
・規定投球回=試合数×0.5
第10条 チーム特別ルール
基本的には公認・野球規則に基づいて行う。
但し下記の点はチームの特別ルールとして運用する。

・9人を超えて打順に入る全員打ちを可とする。
・DHとの守備の入れ替えは何度でも可とする。
・時間切れで終了した場合のチーム勝敗は、完全に完了したイニングまでの勝敗として記録する。
・時間切れで終了した場合でも他チームとの試合形式で行われる限り投手・打者とも個人成績に含む。
 ※ただし投手勝敗は完了イニングまでの記録とする。
・勝利投手の条件は、先発の場合4イニングで勝ち投手の権利を得る。
・セーブの条件は野球規則10.20に加え、勝ち試合の先発以外で点差に関わらず無失点で投げ切った投手はセーブとする。
 ※2016年改訂。ホールド実装につき、本来の最終イニング(基本7回)を投げた投手にセーブが付く。
・ホールドは同点またはリードの点差を維持し無失点で投げ切った時に付く。エキストライニングも同様に付く。
・美技の条件は、猛打賞・好プレー・ダブルプレー他、監督がナイスプレーと判断したもの。
・珍技の条件は、通常ありえないプレーや珍しいプレー、チームを笑わせたプレーなどに進呈される。
・選手能力「調子」は下記の基準で活動毎に更新される。直近の活動した3週間の打率が、
 S…規定打席に到達して.500以上の場合
 A…規定打席に到達して.400以上の場合
 B…規定打席に到達して.300以上の場合
 C…規定打席に到達して.200以上の場合、もしくは規定打席に未到達で.500以上の場合
 D…規定打席に到達して.100以上の場合、もしくは規定打席に未到達で.300以上の場合
 E…規定打席に到達して.100未満の場合、もしくは規定打席に未到達で.300未満の場合
 F…規定打席に到達して.000の場合、もしくは規定打席に未到達で.000の場合
 G…不参加の場合
 なお、規定打席は通常と同じ試合数×1.5とする。
第11条 入団希望者募集の有無
現在、新規メンバー募集はしていません。

《募集時の入部条件》
・メールのレスポンスが良い方
・期日までの出欠の表明ができる方
・自力で活動場所に来られる方
・チーム運営に協力していただける方
・一般的な常識のある方

マネージャーは随時募集しています。

《30番までの空き背番号》 12、14、15、21、26、29、30
《永久欠番》 22
第12条 退団
家庭事情や体調不良など、活動を続けることが難しい場合、監督に申し出て相談の上退団となる。
チーム規則に著しく違反し、指摘されても改善されない場合は強制的に退団となる。
理由なく長期間音信不通になった場合、状況を確認後退団となる。
第13条 役職・職務
下記の役職を置く。

・監督…チーム代表、チーム運営を行う。
・副監督…監督不在の際に代行する。
・キャプテン…チームメンバーの盛り上げ役。
・会計…チームの収支管理を行う。
・会計補佐…会計不在の際に代行する。
・渉外…対戦相手のマッチメイクや審判手配を行う。
・運搬…チーム用具の管理・運搬を行う。
第14条 納会
12月の第2土曜日もしくは第3土曜日の最終活動日の夕方から開催する。
1年間を振りかえり、各タイトル表彰などを行う。
会費は監督と会計がチーム財政を見て判断する。